フリー編集者&ライターの防備録

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国での韓流ブーム、目的は美容整形

<<   作成日時 : 2010/03/09 10:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月8日の「国際女性の日(International Women's Day)」に照準を合わせて、中国の旅行会社では観光と美容整形を一緒にすることができる「韓国整形観光」をこぞって企画したそうです。
中国でも美容整形の人気は高く、北京のある美容整形クリニックでは、連休中はいつも来院者が急増するとのこと。
そこで隣国の美容整形大国・韓国に熱い視線を注ぐようになったようです。
中国の「東南快報」によると、多くの中国旅行会社が3月8日の『国際女性の日』にちなんだ観光商品として、観光と美容整形を一緒にすることができる「韓国旅行」をこぞって企画。「韓国では整形手術がとても流行している」とし、「江南の清潭洞(チョンダンドン)は韓国の整形産業を代表する地域で、ここには数百の整形病院がある。顧客は世界各国から集まってくる」と報じている。

また、記事では「4泊5日」「7泊以上」など、滞在期間によって手術可能な美容整形と観光の組み合わせを紹介。この「東南快報」の記事は中国の28のメディアがそのまま報じていて、中国で韓国への「整形観光」に大きな注目が集まっていることが分かった。

(略)韓国に整形手術をするために訪れた観光客は、最近5年間で約1万2000人。このうち相当数を中国人が占めていると見られ、ドラマの「韓流ブーム」に続き、美容整形の「韓流ブーム」が巻き起こっている広東省の広州出身の女性が多いのだという。韓国の美容整形はひとつの観光産業として、しっかりと確立されつつあるようだ。
引用元:韓フルタイム
数日間の休暇を取って海外に行き、帰国したときには“新しい顔”を手に入れることができるという手軽さ、即効性が利点のようです。
私などは、もし整形に失敗したときはどうなるのか、またアフターケアが必要になったときにすぐに来院できないのは不便ではないのかなど色々、気になってしまいますが。

また、中国での美容整形事情には、厳しい就職戦線を勝ち抜くためという理由もあるようです。
美容整形を受けるのはほとんどが20代と30代の女性だが、学生の割合も増えている。「中国では大卒者の就職が非常に厳しくなっている。いい仕事に就くため少しでも有利になればと、美容整形を考える」とこの経営者は解説する。

実際、今の時代は美しいことに経済的価値があり、そうするしかなかったと話すのは21歳の学生。「外見が平均以上の女性は、同じ仕事をしていても稼ぎは10%も多いんです」と話している。
引用元:国際ニュース AFPBB News
職場が“整形美人”だらけになってしまっても心地よくない気がするのですが、とりあえず外見を変えることによって本人に自信が付くのなら、活用しない手はないのかもしれません。

ビジネスブログランキングに参加中です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国での韓流ブーム、目的は美容整形 フリー編集者&ライターの防備録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる