フリー編集者&ライターの防備録

アクセスカウンタ

zoom RSS 入学・卒業シーズン、フォーマル用品のレンタルはいかが

<<   作成日時 : 2010/03/11 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新生活が始まるシーズンですが、卒業式や入学式に必要になってくるのがフォーマルな服飾品。
それらの用品は、この季節にしか使わないものの必需品であるから「しぶしぶ保管・収納している」という方も多いのではないでしょうか。
そんな方には最適の、子ども服や母親用バッグのレンタルサービスが人気を集めているそうです。
子ども服のレンタルを行うのは、インターネットのレンタル店「シンディキッズ」(http://www.cindy-kids.com、大阪市)。メゾピアノやバーバリーなど、人気の6ブランドの商品を貸し出す。ネットや電話で申し込むと宅配される仕組み。卒園式や小学校の入学式にお薦めの服として約60種類(100〜130センチ)、小学校の卒業式用として約20種類(140〜160センチ)を用意する。5日間のレンタルで、3000〜1万8000円(送料別)。約3万円の服が8000円で借りられる。

店は昨年9月にオープンした。子ども服の中でも、フォーマルな落ち着いた色柄の服のレンタルは珍しく、すでに約50件の予約があるという。社長の藤城淳也さんは、「入学式などにはちゃんとした服を着せたいと思うが、子どもの服はすぐに小さくなる。レンタルで気軽にブランド服を着てほしい」と話す。

(略)母親向けには、高級バッグのレンタルもある。卒業式などの需要を見込み、1日にサイトを開設したレンタルサービス「スタイループ」(http://www.styloop.com、大阪市)は現在、約10ブランドのバッグ80点以上を扱う。4月以降は20以上のブランドをそろえる予定。会員登録(無料)すると、1週間で3990円から、1か月では9450円から借りられる(送料別)。定価が10万〜20万円台の高額商品を扱っているのが特徴だ。
引用元:YOMIURI ONLINE(読売新聞)
服飾品だけでなく、我が子の晴れ姿を写すためのカメラなどもレンタルサービスが注目されています。
普段は動画撮影はしないが、イベントでは使ってみたいという人に人気のようです。
カメラのレンタル店「レンタルボンバー」(http://www.rental-bomber.jp、東京)では3月に入って、ビデオカメラなどの貸し出しが増えている。

同店は1年前にデジタル機器販売会社が開設。デジタルの一眼レフカメラ55種類、コンパクトカメラ43種類、ビデオカメラ50種類を扱う。インターネットで会員登録(無料)し、2泊3日のレンタルで990円から(送料別)。
引用元:YOMIURI ONLINE(読売新聞)
一昔前では、服飾のレンタルといえば成人式や卒業式に着用する高価格の振袖や袴でしたが、今ではそれほど高価なものではなくてもレンタルするのが珍しくない時代なのですね。
イベント用以外でも、ブランドバッグのレンタルサービス「kariru」なども安定した人気を維持しています。
不況で余計な出費を抑えたいという消費者心理以外にも、「不要なものはもたないシンプルな暮らし」を支持する人が増えたのも一因と言えるかもしれません。

ビジネスブログランキングに参加中です


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
入学・卒業シーズン、フォーマル用品のレンタルはいかが フリー編集者&ライターの防備録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる